スポンサーサイト

Posted by しゃふか on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラバッグを買いました

Posted by しゃふか on 17.2012 撮影機材 0 comments 0 trackback

幾度かTwitterの方では呟いていたのですが、カメラバッグを新調しました。

続きはRead moreより。

 

今回買ったのはNational Geographicの「NG2477」。

d_120217_014

カメラバッグを選んだ基準は、

・バッテリーグリップを装着した状態の50Dが余裕を持って入れられる

・ショルダータイプかつ、肩にかけた状態で機材へのアクセスがし易い

・機材の保護性能(耐衝撃・耐水性)

・ドールを入れることが出来る

・予備のカメラボディを収納出来る

・普段使い出来るデザイン

・予算は2万円程度

といった感じでした。

最初の段階で候補に挙げられたのがLoweproの「ステルスリポーター D400」、Domkeの「F-2」、そしてNational Geographicの「NG2477」。

ステルスリポーターD400(http://www.hakubaphoto.jp/products/detail/0221060005-00-00-00)は上部に開口部があり、バッグを開けずにカメラにアクセスができるので非常に便利そうに感じました。しかし、やはりカメラバッグ然としたデザインが気に入らず一旦保留に。

Domke F-2(http://www.ginichi.com/products/detail.php?_product_id=6172)は報道カメラマンが制作した報道カメラマン向けにデザインされたカメラバッグということで、機能性に関しては気になる点が無く、デザインに関しても申し分がなかったのですが、機材の保護性に不安がありました。普段使いする分には問題無さそうだったんですが、長距離の旅行する時の事を考えると、クッションの少なさとレビューを見るに雨にもあまり強くなさそうだったので、今回の条件には合わなかったのでスルー。

 

d_120217_001

そして今回選んだNG2477。ドールを入れてもかなり余裕があります。

生地も厚めのものとなっており、多少の雨なら防いでくれそうです。底板のクッションが集めなのも◯。

この状態にEF24-105mm F4Lを付けた状態の50Dと、ストロボを収納することができます。さすがにバッテリーグリップは外さないと入りそうにありませんでしたw

写真には写っていませんが、ケースに入れたiPadを入れてもまだ余裕があります。

d_120217_002

ヘッド部分に緩衝材をつけてタオルをかけるとこんなになります。

一応クッションとバッグ本体にマジックテープが付いていて固定されてはいるのですが、ドールの足部分に若干負荷が掛かっている事には変わりがないのであまり激しい動きは出来そうにないです。

 

d_120217_003

内部のクッションボックスに入れてるレンズ達。

普段持ち運ぶレンズはこの4本で、右端の35mm単が50mm単に変わったりしますけど、大抵はこんな感じ。

ドールを別のバッグに入れればもっと収納は増えます。このカメラバッグに着替えを入れれば2-3泊くらいの旅行にも対応出来るんじゃないでしょうか。

 

d_120217_009

以前から使っていたNG2140との比較。

並べてみると二回りくらい大きいですねえ。

d_120217_010

奥行きに余裕も出来、小物を入れるスペースも増えたので機材の整理もしやすくなりました。

d_120217_011

 

d_120217_012

ドールと比べてもほぼジャストフィット。このバッグの一つ下の型のNG2476だと恐らく足が引っかかってドールを収納するのは難しくなると思います。

ただその分結構な大きさなので、どんな場面の撮影でも使えるという訳ではありません。

暫くはNG2140と併用して行こうと思います。

d_120217_015

以上、National Geographic「NG2477」のレビューでした。

関連記事
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://shavka5846.blog52.fc2.com/tb.php/62-8fa761e1

About

しゃふか

Author:しゃふか
写真を撮るのが趣味。色々な物を撮ってます。

Twitter

Twitter Reload

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。